2014年06月11日

次の説明に該当するのは?「代表的な肝機能の指標。」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■4)臨床検査項目
■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


問題1.次の説明に該当するのは?

代表的な肝機能の指標。
肝細胞障害で血中に逸脱するが、骨格筋、心筋、赤血球などの破壊でも上昇をみる。


(1)Alb     (2)AST(GOT)







」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(2)AST(GOT)

【参考】

高値を示す病態

劇症肝炎、ウイルス性肝炎、薬剤性肝障害、アルコール性肝炎、
慢性肝炎(活動型、非活動型)、肝癌 肝硬変、胆汁うっ滞、
閉塞性黄疸(一般に急性・慢性肝炎ではALTがASTを上回り、
肝硬変や肝癌ではASTの方がALTよりも上昇するといわれている)


なお、(1)Alb =アルブミン




問題2.次の説明に該当するのは?

過去1〜2週間の血糖コントロール指標となる糖化蛋白。
共存物質や低蛋白血症の影響を受けにくい。

(1)GA     (2)ALT(GPT)






」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」


(1)GA = グリコアルブミン


【参考】

高値を示す病態 糖尿病(高血糖が持続した症例ほど高値)、甲状腺機能低下症

なお、(2)ALT(GPT)=alanine aminotransferase
肝細胞の破壊に伴い血中に逸脱する酵素。
AST(GOT)よりも肝に特異性が高く、肝炎の病勢指標に用いられる。





問題3.次の説明に該当するのは?

顆粒球産生促進作用があり、好中球機能を高める働きをもつ糖蛋白。
骨髄移植時の治療には薬剤として投与される。

(1)GAT   (2)G-CSF







」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(2)G-CSF =顆粒球コロニー刺激因子


【参考】

(1)GAT = 癌関連ガラクトース転移酵素

卵巣癌の血中腫瘍マーカー。
CA125等、他の卵巣癌マーカーと比較して陽性率は劣るが癌特異性が高い。






問題4.次の説明に該当するのは?

肝・胆道系障害のスクリーニングに用いられる検査。
肝ミクロゾームでの薬物代謝に関与する酵素で、
胆汁うっ滞や、アルコール性、薬剤性肝障害で上昇する。


(1)HIV抗体    (2)ガンマGTP





」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(2)ガンマGTP


【参考】

(1)HIV抗体 = human immunodeficiency virus antigen and antibody 

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の抗体





問題5.次の説明に該当するのは?

1型は「口唇ヘルペス」、2型は「性器ヘルペス」として分類。
最近ではSTD(性行為感染症)として重要。

(1)HSV  (2)HBs









」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(1)HSV  = herpes simplex virus



【参考】

(2)HBs = B型肝炎ウイルス外被の表面抗原


posted by ホーライ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

主として心房で合成・貯蔵され血中に分泌されるホルモンとは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4)臨床検査項目     (S274)   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

問題1.次の説明に該当するのは?

主として心房で合成・貯蔵され血中に分泌されるホルモン。

各種心疾患および腎疾患で重症度に並行して高値となる。


(1)hANP(ヒト心房性Na利尿ポリペプチド)     (2)HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)







」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(1)hANP(ヒト心房性Na利尿ポリペプチド)

【参考】

(2)HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)

胎盤絨毛細胞から分泌される性腺刺激ホルモン。
妊娠の診断や絨毛性疾患の管理などに用いられる。






問題2.次の説明に該当するのは?

糖が非酵素的に結合したヘモグロビン。
糖尿病患者における過去1〜3カ月の長期血糖コントロールの指標。


(1)HbA1C(ヘモグロビンA1C)     (2)Ht(ヘマトクリット)






」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」


(1)HbA1C(ヘモグロビンA1C) 


【参考】

(2)Ht(ヘマトクリット)

血液中に占める赤血球の全容積をパーセント表示した値。
貧血等の血液疾患のスクリーニングに用いられる。





問題3.次の説明に該当するのは?

成人T細胞白血病の原因ウイルスに対する抗体を検出。
感染のスクリーニングと確認のための検査。

(1)HVA(ホモバニリン酸)   (2)HTLV-I抗体(ATLA抗体)







」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(2)HTLV-I抗体(ATLA抗体)


【参考】

(1)HVA(ホモバニリン酸) 

ドーパミンの最終代謝産物。
カテコールアミンの分泌状態を反映して高値を示す。






問題4.次の説明に該当するのは?

胎盤で産生される胎児の育成に関与する蛋白ホルモン。
妊娠管理の重要な指標となり、IUGRや胞状奇胎で低値。


(1)HGF   (2)HPL





」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(2)HPL(ヒト胎盤性ラクトジェン)


【参考】

(1)HGF(肝細胞増殖因子) 

劇症肝炎患者の血中で増加し、非常に強い肝細胞増殖活性をもつ蛋白。
肝炎劇症化の予知と治療開始の指標として用いられる。




問題5.次の説明に該当するのは?

ヘモグロビンと特異的に結合する糖蛋白質。
溶血で減少し、炎症性疾患で血中に増加。

(1)Hp(ハプトグロビン)  (2)HDL-Cho









」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(1)Hp(ハプトグロビン)

【参考】

(2)HDL-Cho(HDL-コレステロール)

HDLというリポ蛋白の粒子に含まれるコレステロール。
一般に善玉コレステロールと呼ばれ、低値は動脈硬化の危険因子。

posted by ホーライ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

次の説明文に該当する項目は?「肝臓で合成される血中の主たる輸送体蛋白。」

問題1.次の説明文に該当する項目は?

肝臓で合成される血中の主たる輸送体蛋白。
栄養状態の悪化や肝障害の程度を反映して低下する。


(A)アルブミン(Alb)   (B)ALT





」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(A)アルブミン(Alb) 



【参考】

ALTとはalanine aminotransferase 。
肝細胞の破壊に伴い血中に逸脱する酵素。
AST(GOT)よりも肝に特異性が高く、肝炎の病勢指標に用いられる。




問題2.次の説明文に該当する項目は?

血中のアルブミン(A)とグロブリン総量(G)の比を算出したもの。
重症肝疾患やM蛋白血症で低下、無γ-マグロブリン血症で上昇。


(1)A/G   (2)AST





」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(1)A/G 


【参考】

ASTとはasparate aminotransferase 。

代表的な肝機能の指標。
肝細胞障害で血中に逸脱するが、骨格筋、心筋、赤血球などの破壊でも上昇をみる。



posted by ホーライ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

子宮内膜、子宮筋に対する生物学的活性が最も強いエストロゲンである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4)臨床検査項目     (S254)   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

問題1.次の説明に該当するのは?

代表的な女性ホルモン検査。
子宮内膜、子宮筋に対する生物学的活性が最も強いエストロゲンである。


(1)E2(エストラジオール)      (2)E3(エストリオール)







」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(1)E2(エストラジオール) 


【参考】

(2)E3(エストリオール)

女性の性腺ホルモン検査。
妊娠が進むにつれて最も顕著に増加するエストロゲンである。胎児胎盤機能を反映。






問題2.次の説明に該当するのは?

血栓を形成するフィブリンの前駆体。
炎症で増加し、高度な肝機能障害、DIC等では減少する。

(1)FSH     (2)FIB






」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」


(2)FIB = フィブリノーゲン


【参考】

(1)FSH = 卵胞刺激ホルモン。

下垂体前葉から分泌され、卵巣や精巣を刺激するゴナドトロピン。
女性では年令と性周期で大きく変動。





問題3.次の説明に該当するのは?

甲状腺ホルモンの一種T3の遊離型。

血中T3の大半はほとんどが蛋白と結合し活性を持たないが、
本検査は生物活性を持つ遊離型を定量。

(1)FT3   (2)F-Cho







」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(1)FT3 =遊離トリヨードサイロニン

【参考】

(2)F-Cho = 遊離コレステロール

総コレステロールと同時測定し、その比を見ることで、
肝実質障害の程度を推定する指標。

LCAT欠損でも上昇。






問題4.次の説明に該当するのは?

貧血の病態把握を行うための基本的な検査。

鉄は赤血球のヘモグロビンを構成する元素で、欠乏すると小球性貧血をきたす。


(1)FA    (2)Fe





」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(2)Fe = 血清鉄


【参考】

(1)FA = 葉酸 

核酸、アミノ酸代謝に関わる水溶性ビタミン。
欠乏すると巨赤芽球性貧血を引き起こす。





問題5.次の説明に該当するのは?

最も一般的な染色体分染法。
ギムザ染色で染色体を染め分け、異常の有無を解析。

(1)Gバンド分染法  (2)GH









」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(1)Gバンド分染法 = 血液疾患染色体検査



【参考】

(2)GH = 成長ホルモン

成長促進、蛋白同化、脂肪分解などを行う下垂体前葉ホルモン。
分泌過剰で巨人症や末端肥大症、不足で小人症を発来。
posted by ホーライ at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

次の説明に該当するのは?代表的な急性相反応物質。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4)臨床検査項目     (S253)   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

問題1.次の説明に該当するのは?

代表的な急性相反応物質。炎症性疾患や体内組織の崩壊がある場合に血中で増加し、炎症マーカーとして用いられる。

(1)ChE      (2)C反応性蛋白(CRP)







」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(2)C反応性蛋白(CRP)


【参考】

(1)ChE = コリンエステラーゼ

コリンエステルをコリンと有機酸に加水分解する酵素。

主に肝疾患により低下し、有機リン剤による中毒でも低値をとる。







問題2.次の説明に該当するのは?

骨格筋や心筋の崩壊を反映して上昇する酵素。

急性心筋梗塞や多発性筋炎で上昇。


(1)CK     (2)CA15-3







」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」


(1)CK = CPK, クレアチンキナーゼ


【参考】

(2)CA15-3 = 乳癌の再発・転移のモニタリングに有用な血中腫瘍マーカー。





問題3.次の説明に該当するのは?


主に卵巣癌に有効な血中腫瘍マーカー。

子宮内膜症と子宮筋腫の鑑別にも用いられる。

(1)CA125    (2)Cr







」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(1)CA125

【参考】

(2)Cr = クロム

欠乏により脂質や蛋白代謝系に障害を生じる微量必須金属。








問題4.次の説明に該当するのは?

肝でグルクロン酸抱合を受けたビリルビン。

総ビリルビンとともに、肝疾患の診断、黄疸の鑑別などに重要な検査。


(1)DHT    (2)D-BIL





」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(2)D-BIL = 直接ビリルビン


【参考】

(1)DHT= 5α-ジハイドロテストステロン 

最も活性の強い男性ホルモンであるテストステロンの代謝産物。

テストステロンとの同時測定で5α-reductase欠損症を診断。





問題5.次の説明に該当するのは?

骨基質の代謝産物。

骨量減少をきたす代謝性疾患や癌の骨転移で尿中濃度が上昇。



(1)EPO   (2)Dpyr









」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(2)Dpyr = デオキシピリジノリン


【参考】

(1)EPO = エリスロポエチン

腎臓から分泌される造血ホルモン。

腎性貧血の診断や、多血症の鑑別のために測定される。

posted by ホーライ at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

仕事の基本●1.時間管理の基本

■仕事をうまくやる秘訣・仕事のコツ・仕事の基本●1.時間管理の基本



1 基本的戦略が確立されていること

2 予定を組む

3 やるべきことを書き留める

4 前日の終りに次の日の準備をする

5 考えてもしかたのないことは考えない

6 スピード処理による時間管理をする

7 常に「今、一番うまく時間を使っているか」自問自答する

8 時間管理のテクニックを身に付ける

9 中心思考の活用

10 いまやるべきか確認する

11 その場で結論を出すことができるときは、その場で決定する(その場主義)

12 焦らず、長期的に最大効果が出るように

13 頭を使う

14 効率的行動をする



■■■ 解説 ■■■


ベンジャミン・フランクリンは時間の大切さについて、次のように述べている。

「生命を愛するなら時間を浪費するな。時間こそ生命を作り上げる原料である」

1日の時間は誰にとっても24時間だが、これをダラダラと非効率的に使うか、テキパキと能率的に使い切っていくかで、何ヶ月後あるいは何年後かには、たいへんな差が生まれる。


posted by ホーライ at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | タイムマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

三日坊主よ、さようなら。行動を開始し、継続させる。(4)動機づけ

やる気が出ない。やり始めて続かない。
こうした悩みを抱いている人は多いものです。

「雨だから休もう」

「忙しいから明日にするか」

人間は弱いもので、このように口実を作ってはサボろうとします(よくします、僕は)。


これに対して、さぼらない理由はちっとも魅力的ではありません。
では、自分から進んで行動する場合を考えてみましょう。

「やりたいからやる」

「行動するのが、楽しい」

「行動したあとにいいことがあるのを知っている。」

読書が好きな人が、なぜ寸暇を惜しんで本のページをめくるのでしょうか?
それは読書が楽しくて仕方がないからです。
また、「必要だから」「メリットがあるから」という動機付け条件をもっているのです。

読書好きな人が本に夢中になるように、それと同じ動機づけ条件と環境を作るのです。


「実行力」をつけるには、大きく分けて3つの方法があります。

1)行動に動機づけ条件をつくる

2)行動を測定する

3)行動を妨げるものを排除する

環境が整うと人は自然に行動に向かいます。
その環境に順応しようとし、自発的に行動を始めるのです。



■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net


posted by ホーライ at 17:14| Comment(14) | TrackBack(0) | とりあえず、始める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

三日坊主よ、さようなら。行動を開始し、継続させる。(3)

●「食欲を満たすようなイメージ」で仕事をしてみる

できる社員、できない社員は、どう違うのでしょうか?

できる社員をよく見ると、一様に「〜したい行動」をとっていることに気づきます。
仕事をしたい、成果をあげたい、業績を伸ばしたい、だからもっと仕事をしたい。
これが彼ら・彼女らの共通点です。

一方、できない社員の行動は消極的です。
仕事が好きではないが、叱られるから働くしかない。
つまり「〜しなければならない行動」を取ります。
最低限の行動をとるだけですから、「実行力」も低くなります。
自発的に仕事を見つけて行動しようとせず、成果を上げるために進んで働くこともしません。

本人のやる気やモチベーションを、行動科学では「行動の反応率」と言います。
行動に焦点をあてて測定することで、やる気を科学的に確かめるからです。

空腹を感じたらかんらず何を食べますね。
言われなくても自分で作るなり飲食店に行くなりとして、おなかを満たそうとします。
毎日、テレビを見るのも同じです。
スイッチを入れ、時間さえ許せばいつまでも見ている人も少なくありません。

問題はいかにして、仕事でもそれを活かすかです。


行動が「〜したい」に変わると、仕事はもちろん、趣味や恋愛においても最大のパフォーマンスを発揮できます。
それは必ず望ましい成果に結びつくでしょう。

やがて仕事が好きになり、職場が好きになり、上司や同僚、部下が好きになります。
仕事に対する意欲がいっきに高まり、何をやってもうまくいきます。

仮に失敗しても、そこで止まることはありません。
自分の選択した行動に効果がなかったと捉え、次は別の行動や方法に焦点を当てることができます。

行動科学マネジメントを取り入れれば、あなたも必ず「〜したい」行動をとれるようになります。



■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net

posted by ホーライ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず、始める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

三日坊主よ、さようなら。行動を開始し、継続させる。(2)

夢を実現できる人、できない人の差とは何でしょうか?

生まれ持った才能、実力、意思の強さ、人脈、運・・・・・・。

実にさまざまな要素が挙げられます。
そして、どれも重要な要素に違いありません。
しかし、あえて断言するなら、「それは実行力です。」

夢を実現する人は、才能や実力、運の強さ以上に「実行力」がすごいのです。

実行力のある人は、何に対しても行動意欲を失わず、言われなくても自発的に行動します。
目標を自分で設定し、それを達成する手段を自分で考えます。


行動科学マネジメントを応用すれば、実行力が高い行動ができます。
行動科学という学問が今から50年前、アメリカで生まれました。
心理学や動物行動学の知見から人間の行動原理を明らかにしようとするもの、これを土台に発展したのが「行動
科学マネジメント」です。

もともと人材管理メソッドとしてビジネス用に開発された手法です。
しかし、現在ではセルフマネジメントにも応用され、英会話、資格試験、禁煙、ダイエットなど、あらゆるものに絶大
効果を発揮します。

行動科学マネジメントにはいくつもの特徴がありますが、最大の特徴は「結果だけではなく、行動「プロセスにも
焦点を当てていること」です。




■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net

posted by ホーライ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず、始める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

三日坊主よ、さようなら。行動を開始し、継続させる。(1)

あなたは、次のどれかに当てはまりませんか?

*くだらない用事をいつまでも先にのばしている。

*仕事にやりがいを見出せないが、少なくとも慣れているので我慢している。

*「そのうちに整理するつもり」で放ってある書類やファイル。

*せっぱつまらないとできないので、締め切りの直前あるいは過ぎてから
腰をあげる。


「始めない人」は、するべきことになかなか取り掛かれなかったり、始めた
こと(しかも重要でない仕事)をいつまでも終わらせないのことです。
「始めない人」には、非生産的、怠惰、非効率的、不精、またはそれ以上
にマイナスのイメージがつきもの。

そして、当人は不安や後ろめたさを感じながら、何もできなくなって
しまうことが多いのです。

人類がまだ洞窟に住んでいたころから「始めない人」はいたに違いあり
ません。

私たちは、これからやろうとすることが、気が進まなかったり、困難な
決断を強いられると思うとき、行動を先にのばしがちです。

その原因のひとつに「始めるきっかけ」が無い、ということもあるでしょう。
そんなとき、別のアプローチで臨んでみると、意外にすんなり「開始」
することができます。
posted by ホーライ at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | とりあえず、始める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。