2014年07月09日

臨床検査の種類・検査項目

●臨床検査の種類・検査項目

基本身体検査

基本身体検査(きほんしんたいけんさ、Basic Physical Examination)は、医師の五感を通して行われる聴打診などの事。

1.視診

2.聴診

3.触診

4.打診


●一般検査

末梢血塗沫標本検査

血算 - 血液を構成する血球の比率や性状

赤血球数 : 網状赤血球 - 赤血球指数(平均赤血球容積(MCV) - 平均赤血球血色素量(MCH) - 平均赤血球血色素濃度(MCHC))

血色素 : ヘマトクリット - ヘモグロビン

白血球数 - 血小板数


赤血球沈降速度(ESR)

血漿浸透圧



●生化学検査


血清生化学検査 - 血清中に溶存している各種物質の濃度を測定

炎症反応: CRP

血液 : 血清鉄 - 貯蔵鉄 - フェリチン - 総鉄結合能(TIBC) - 不飽和鉄結合能(UIBC)

肝機能・胆道系: AST(GOT) - ALT(GPT) - LDH - ChE - γ-GTP - T-Bil - D-Bil - ALP - TP - アルブミン(Alb) - TTT - ZTT - A/G比 - LAP

筋肉: CK(CPK)

骨: P

膵 : アミラーゼ(Amy)

腎機能 : 尿酸(UA) - 尿素窒素(BUN,UN)

- ナトリウム(Na) - カリウム(K) - クロール(塩素)(Cl) - カルシウム(Ca) - クレアチニン(Cr)

生活習慣病関連: GLU - グリコヘモグロビン(HbA1/HbA1c) - 総コレステロール(T-Cho、TC) -

中性脂肪(TG) - LDL-C、HDL-C(HDL - LDL - VLDL - カイロミクロン)

- FRA

- 総蛋白(TP)


posted by ホーライ at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401327584

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。