2014年07月03日

臨床検査とは(4)

●臨床検査とは(4)


●臨床検査の質と検体検査精度管理

臨床検査に求められるのは、正しく迅速に検査が行われ、検査の結果が医師による診断と治療に役立つことである。

臨床検査の質は測定前、測定、測定後の全体で決まることが多い。


測定前:患者の問診や診察を通して医師が目的に応じた検査を選択する。

検査費用負担も考慮し最適な検査が選択される。

検査の選択は医師の判断に委ねられる。

患者にとっては、まずは面接が充分で身体異常が見落されていないか、つぎに検査選択が適切か、さらには検査の良し悪し等が気になるところである。



測定:検体検査では、たとえば血液中の物質の測定が行われ、物質の量(数字で表現)やプラス・マイナスが検査結果となる。

数字の再現性(ばらつきのなさ)や正確性(変化や病変を正しくあらわしていること)が検体検査の精度である。

一般的には検査には間違いがないものと期待されているが、実際には検査結果がばらついたり、まれには別の検査結果や臨床所見と合わず再検査に至ることもある。

超音波検査では検査手技の良さが重要である。



測定後:また測定結果を読み解く技能も重要である。

異常なしか様子見かさらなる精密検査かなどは医師の判断に委ねられる。

検査工程のうち、測定は臨床検査技師等が行うことが多いのであるが測定前と測定後は医師が重要な役割を担っている。

臨床検査専門医は臨床検査全体に通じた医師の専門職である。

2008年4月からは臨床検査科は標榜診療科となっている。



●検体検査精度管理

検体検査の精度管理は信頼にたる精度の検査結果を得るために行われる。

検体を外部の登録衛生検査所に委託するとき、委託先が守るべき管理の体系でもある。

検査精度を確認するための手法は、再測定が基本であるが、物質量がわかっている検体の測定、別の検査方法との相関、他施設結果との比較などを組み合わせる。

精度が不十分である場合は機器調整や試薬の検証などが行われる。

壊れた体重計やはじめからずれた体重計では正確な体重は量れないということをイメージすればよい。

痩せたはずなのに重ければもう一度計る。10kgの米袋を計って8kgであればその体重計が壊れているのではないか。修理して計りなおすか、他の体重計で計りなおす。

体重測定を例に説明するとこのようなものが検体検査精度管理の内容である。


検体検査においてコンピュータシステムの導入が盛んである。

システム化前は検体の取り間違い・測定操作手違い・結果数値読み違いなど人為的エラーが起こりえたので測定手順書作成や過誤検出の仕組み構築が精度管理の中心であった。

患者リストバンドや試験管ラベルのバーコードは検体検査のシステム化に役立っている。

最近はシステム化により測定や検体取扱いに関するヒューマンエラーはほぼ撲滅されたといえる。
posted by ホーライ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400531410

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。