2014年06月28日

PSAとは?

問題1.次の説明に該当するのは?

前立腺癌で著明に増加。前立腺肥大でも上昇するが、10.0ng/mlを越える場合には前立腺癌を強く疑う。


(1)PSA  (2)PG(ペプシノゲン)






」」」」」」」」」」
   正解
」」」」」」」」」」

(1)PSA

prostate-specific antigen


【参考】

PG(ペプシノゲン)

消化性潰瘍や胃癌の危険予知マーカー。

胃癌のスクリーニング、慢性萎縮性胃炎の診断や胃液分泌状態の把握に用いられる。





問題2.次の説明に該当するのは?

蛍光色素キナクリンによる染色体の検査法。

特にY染色体の構造異常・変異に関する分析に有用。

(1)Qバンド分染法   (2)RBC






」」」」」」」」」」
   正解
」」」」」」」」」」

(1)Qバンド分染法 【血液疾患染色体検査】

chromosome analysis by quinacrine banding



【参考】

RBC 赤血球数
red blood cell counts (erythrocyte counts)

貧血、多血症の診断に用いられる基本的な検査。





問題3.次の説明に該当するのは?

比較的新しい炎症マーカー。

CRPがあまり変動しないウイルス感染、SLE、腎移植後の拒絶反応でも上昇。

(1)TP   (2)アミロイドA(SAA)





」」」」」」」」」」
   正解
」」」」」」」」」」

(2)アミロイドA(SAA)


【参考】

TP(総蛋白)

栄養状態と肝・腎機能の指標。

肝硬変やネフローゼによる低蛋白血症で低下し、脱水や多発性骨髄腫などで上昇。








問題4.次の説明に該当するのは?

ヘモグロビンやポルフィリン体の分解産物。

総ビリルビンとその分画は、肝疾患の診断、黄疸の鑑別に有用。


(1)T-BIL (2)TL





」」」」」」」」」」
   正解
」」」」」」」」」」

(1)T-BIL (総ビリルビン)


【参考】

(2)TL = 総脂質





問題5.次の説明に該当するのは?

基礎代謝を高める甲状腺ホルモンの一種。

(1)TG   (2)総サイロキシン(T4)





」」」」」」」」」」
   正解
」」」」」」」」」」

(2)総サイロキシン(T4)

基礎代謝を高める甲状腺ホルモンの一種。

T4からT3に代謝されるが、活性はT3の方が強い。


【参考】

(1)TG  =中性脂肪

動脈硬化の危険因子。

食後は高値になるため、採血は空腹時に行う。

posted by ホーライ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400510590

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。