2014年06月08日

主として心房で合成・貯蔵され血中に分泌されるホルモンとは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4)臨床検査項目     (S274)   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

問題1.次の説明に該当するのは?

主として心房で合成・貯蔵され血中に分泌されるホルモン。

各種心疾患および腎疾患で重症度に並行して高値となる。


(1)hANP(ヒト心房性Na利尿ポリペプチド)     (2)HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)







」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(1)hANP(ヒト心房性Na利尿ポリペプチド)

【参考】

(2)HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)

胎盤絨毛細胞から分泌される性腺刺激ホルモン。
妊娠の診断や絨毛性疾患の管理などに用いられる。






問題2.次の説明に該当するのは?

糖が非酵素的に結合したヘモグロビン。
糖尿病患者における過去1〜3カ月の長期血糖コントロールの指標。


(1)HbA1C(ヘモグロビンA1C)     (2)Ht(ヘマトクリット)






」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」


(1)HbA1C(ヘモグロビンA1C) 


【参考】

(2)Ht(ヘマトクリット)

血液中に占める赤血球の全容積をパーセント表示した値。
貧血等の血液疾患のスクリーニングに用いられる。





問題3.次の説明に該当するのは?

成人T細胞白血病の原因ウイルスに対する抗体を検出。
感染のスクリーニングと確認のための検査。

(1)HVA(ホモバニリン酸)   (2)HTLV-I抗体(ATLA抗体)







」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(2)HTLV-I抗体(ATLA抗体)


【参考】

(1)HVA(ホモバニリン酸) 

ドーパミンの最終代謝産物。
カテコールアミンの分泌状態を反映して高値を示す。






問題4.次の説明に該当するのは?

胎盤で産生される胎児の育成に関与する蛋白ホルモン。
妊娠管理の重要な指標となり、IUGRや胞状奇胎で低値。


(1)HGF   (2)HPL





」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(2)HPL(ヒト胎盤性ラクトジェン)


【参考】

(1)HGF(肝細胞増殖因子) 

劇症肝炎患者の血中で増加し、非常に強い肝細胞増殖活性をもつ蛋白。
肝炎劇症化の予知と治療開始の指標として用いられる。




問題5.次の説明に該当するのは?

ヘモグロビンと特異的に結合する糖蛋白質。
溶血で減少し、炎症性疾患で血中に増加。

(1)Hp(ハプトグロビン)  (2)HDL-Cho









」」」」」」」」」」」」
   答え
」」」」」」」」」」」」

(1)Hp(ハプトグロビン)

【参考】

(2)HDL-Cho(HDL-コレステロール)

HDLというリポ蛋白の粒子に含まれるコレステロール。
一般に善玉コレステロールと呼ばれ、低値は動脈硬化の危険因子。

posted by ホーライ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398970851

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。